2011年03月01日

こんな時代にこそ、至福の時を★バロック名曲集

パッヘルベルのカノン「バロック名曲集」

主な収録曲

・水上の音楽

・パッヘルベルのカノン

・G線上のアリア

・オーボエ協奏曲「ヴェニスの愛」

・恋するガリア


室内管弦楽の演奏で「上品で知的」と評判なのが、音楽学者でもある指揮者、ジャン=フランソワ・パイヤールが率いるパイヤール室内管弦楽団である。

そのアンサンブルは、繊細なうえに明るさがあり、古典的で格調高い世界を表現している。

このアルバムは、バロック音楽の名曲を選りすぐったもので、ジャン=ピエール・ランパル(フルート)、ピエール・ピエルロ(オーボエ)、モーリス・アンドレ(トランペット)など、フランスの名手たちの共演が聞けるのも楽しみの1つだ。

バロック入門用として最適であり、昼寝のBGMとしても最高であり、読書のお供にベストであり、音楽って、美しいんだと思いたいときに、この1枚だ。

こんな時代にこそ、至福の時をどうぞ。



パイヤール/パッヘルベルのカノン〜バロック名曲集









パッヘルベルのカノン〜バロック名曲集







■■■■■ クラシック音楽入門、おすすめのクラシック音楽 ■■■■■■
         ↓
クラシック音楽入門、おすすめのクラシック音楽、おすすめのクラシック名曲集」の紹介サイト。ここであなたの人生が変わる。

ラベル:バロック音楽
posted by ホーライ at 09:09| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。